いち早く治したいうつ病を撃退|どん底から立ち上がる

医師

うつの様々な治療

膝を抱えるレディー

セラピストの携わり

老若男女問わず、精神科・心療内科を受診するケースが増えており、うつ病の診断を受ける方は増加傾向にあります。しかしながら、社会人向けには企業側もうつのサポートに徹するなど、未然に防ぐ予防の策も提案されるようになり、軽い症状の段階での治療によって再発するリスクも少ない魅力が挙げられています。また精神科・心療内科などの病院では、薬物療法やマインドコントロールできる心理療法などが用いられていますが、ニーズに合わせた治療も様々に提案されはじめています。例えば、うつ病は弱いメンタルを強化することなど、ストレスや人間関係に左右されない治療が従来型として展開されてきたものの、うつの症状には食欲の低下や不眠も挙げられています。食欲増進できる工夫として増進剤に頼るのではなく、フードアドバイザーによる食への関心を高める治療も提案されており、薬膳などによって健康面にまで配慮できる内容です。また不眠に対しても、睡眠導入剤に頼ることは身体にも負担をかけやすいため、眠りの質を高められる香りによるセラピーが評価されています。植物由来の香りには様々な効果や効能が期待されており、近年のうつ病の緩和に賢く利用されているのも実情として挙げられています。

周りの支えが必要

精神科・心療内科などの病院では、うつ病の患者の治療だけに特化している診療科から、発症した際に対処すべき家族やパートナーに対するコミュニケーションを図る診療科への変遷が特徴として挙げられています。特に病院ではシニア世代のうつ病に着目し、家族やパートナーの対応策を指導してくれています。シニア世代では認知症となる似た病気への関心が家族やパートナーに多く見られることもあり、うつの症状に気付きにくい難点が実情として挙げられています。老年期にも発症しやすいのもうつの特徴で、認知症のように徐々に症状が現れるのではなく、唐突に現れるのも比較できる内容の1つです。精神科・心療内科などの病院では、シニア世代の症状に多い食欲不振や不眠、脱力感などの緩和ケアとして生活習慣の改善点の指導にあたってくれます。老化による身体疾患にも適用できることもあり、動けるセカンドライフまで意識したケアが提案されるのもシニア世代の治療の特徴です。うつ病患者となる本人は心身共に憂鬱な状態であるため、家族やパートナーが支えになることが回復を早めるきっかけとなり、抗うつ薬などによる負担軽減にも繋がるとして、結果的に治療よりも周囲のサポートが注目されています。病院でできることには限りがあり、病院での時間よりも長い時間を家庭内で過ごすため、患者本人と家族、医師とが連携を図ることも特徴の1つです。このことによって、長く続く治療として難色が示されるうつの病気を、再発させずに早い段階で解消させることができ、セカンドライフを充実化させることに繋げられる利点も得られる内容です。