いち早く治したいうつ病を撃退|どん底から立ち上がる

医師

高齢者の発症への対処

病院

認知症との区別が難しい

うつ病は、今では広く知られており、病気であることの理解も進んでいますが、患者それぞれで発症する状況が違っています。一般的には、働き盛りの人や妊婦のようにストレスや精神的負担を感じやすい状況にいる人に発症することが多い病気と理解されています。近年、高齢者においても、うつ病の発症が知られるようになってきました。今までは、老人であるがために、本来のうつ病の症状が認知症と間違われることが多くあまり注目されていませんでしたが、65歳以上だと2割程度、70歳以上だと3割程度の発症があるというデータもあります。 高齢者がうつ病となる背景としては、まず「孤独」があげられます。パートナーや親しい友人が亡くなったり、子供が独立して家を出たりして独り孤立する状況になり、ストレスや不安感を感じてうつ病となってしまいます。また、高齢者は年金はあるのですが、退職金を切り崩しながら生活するなど、経済的に余裕がない人が多い状況です。このような時に、急にまとまったお金が必要になったり、病気になり体調を崩したりすると、若者より強くストレスを感じてしまい、うつ病となることがあります。そのほかに、定年後夫婦一緒にいる時間が増えること、夫婦のどちらかが倒れて老々介護の状況になったりした場合に発症することもあります。

早めに専門家に相談する

症状としては、外に出なくなる、何事にも興味を示さなく、感情の浮き沈みが大きい、物忘れや不安感が強くなる、眠れなくなるなどですが、老人性認知症と似ている症状で区別が難しいのが特徴です。このように、見つけにくいうつ病が、仮面うつ病と呼ばれています。仮面うつ病は、だるくさ・疲れやすいさ・耳鳴り・腰痛・頭痛などによる体調不良が続くのですが、高齢者の場合、うつでなくても体調が悪くなることは多くあり、仮面うつ病と区別が難しいのです。家族や身近にいる高齢者に、疑われる症状が出た場合は、まず係りつけの病院に相談しましょう。いきなり専門病院に連れていきたいところですが、本人は、うつであることを否定することが多く拒否されることが多くあります。いつも世話になっている主治医や仲の良かった看護師さんに上手に導いてもらうのがスムーズに検査や治療に進むためには必要なことです。病院での治療は、不安や抑うつ症状を抑えることですが、通常は抗不安薬や抗うつ薬を使う投薬治療を行いますが、高齢者の場合、持病の薬を飲んでいる事が多いので、副作用の問題が出てくるので、グループ療法・行動認知療法・栄養療法といった薬を使わない治療法もあります。おかしいとおもったら、信頼できる先生や看護師の協力をもらい、なるべく早めに上手に専門病院へ連れていくことが非常に重要なのです。