いち早く治したいうつ病を撃退|どん底から立ち上がる

医師

治療の具体的な流れ

待合室

完治するまで焦らない

うつ病はストレスの蓄積によって、誰もがなり得る精神的な病気です。毎日やる気が起きない、悲観的な考えがずっと続くような場合はうつ病の可能性があります。放っておいたら症状がどんどん悪くなってしまう場合もあるので、改善を考えなければいけません。うつ病は、患者の性格や育ってきた環境が必ずしも影響しているわけではありません。そのため、考えや行動を正常にコントロールしてくれる治療が必要になります。この場合治療が受けられる病院は、精神科や心療内科です。昔と比べて、病院自体がとてもオープンになってきたので治療も受けやすくなりました。専門的な病院に抵抗がある人でも、気軽に治療を受けていくことができます。しかし、治療を始めてもうつ病が治るまでの期間は人それぞれです。軽度や重度によっても治療期間は異なりますが、完全に治るまでに時間がかかる場合もあります。また、症状がよくなったように見えても、一時的なものでしかないときもあるのです。このような治療の流れは、必ず医師が判断していかなければいけません。専門的な判断が正しい治療となり、治療の中断や再発の心配もなくなります。うつ病の治療は、焦らず気持ちに余裕を持って治療を受けていくことが大切です。そのためには、通いやすい距離で信頼できる病院を選ぶ必要も出てきます。

抗うつ薬の効果

うつ病の診察では、まず具体的な症状を医師に伝えていきます。血液検査なども行われ、体の状態も詳しく診ていくことになります。その総合的な結果から、正しい診断がされます。それから薬による処方で、症状の様子を見ていく流れとなります。うつ病の治療に使われる薬は、基本的に抗うつ薬が用いられます。抗うつ薬は、セロトニンやノルアドレナリンを正常に分泌してくれる作用があります。セロトニンは穏やかな感情を保つ効果があり、ノルアドレナリンはやる気を起こす効果があると言われます。この2つは脳内にある神経伝達物質となり、一定の量が分泌されることで健康的な精神状態となります。うつ病はこのような神経伝達物質が低下しているために、抗うつ薬で促すことで症状の改善につながるのです。治療では症状が徐々に落ち着いてくるようになると、薬の量も減らされていきます。最終的に薬に頼らない状態が目的となるので、薬が必要なくなれば完治も近くなります。うつ病を含む精神疾患は、脳内の神経伝達物質の働きが関係している場合がほとんどです。それを薬で正常に戻していくためにも、病院との付き合いは欠かせなくなります。なお、薬であまり効果が見られなかったり、副作用を感じてしまう人も中にはいます。そのような場合は、的確な判断で医師が薬を替えてくれるので問題ありません。