いち早く治したいうつ病を撃退|どん底から立ち上がる

1人で悩まないで病院へ

治療は焦らずゆっくりと

診断

早期発見が大切です

うつ病は早期発見が必要な理由の1つは、早い時期に患者本人の辛さを取り除くことができることです。そしてもう1つは、治療をいち早く始めることができることです。うつ病が重症になってから治療を開始すると回復するまでには長い年月を要します。早期発見こそが早期治療をするために何よりも大切なことなのです。うつ病の辛さは本人にしか分かりません。本人が辛くて耐えられないと感じていれば周りの人がどんなに「たいしたことはないのではないか」と思っても専門家の手を借りるべきです。ただ単に辛いだけでなく、社会活動や日常生活に支障をきたしている場合があります。本人がうつ病であることに気がつかずに、自分がうつ病だとは頑なに認めない場合もあります。気持ちの切り替えようにも自分でコントロールできない、仕事や家事が手につかない、毎日悲しくて涙が止まらない、寝込んでばかりで布団から出られない、トラブルばかりを引き起こしているなどが2週間以上続いたら専門家による治療が必要です。本人が病院へ行くのを嫌がっている場合は、家族が無理に連れて行こうとするとうつ病が悪化する可能性があります。そんな時は病院へ連れて行く前に、専門の相談窓口に相談してみましょう。どん底から立ち上がりましょう。

精神科・心療内科で受診

うつ病は心の痛みを伴う大変辛く苦しい病気です。うつ病になった本人が一番辛いのは勿論ですが、周りの人達もとても心配します。一刻も早く回復したい、元気だった頃の自分の状態に戻りたいと家族も本人も切実に願っています。そのため治療効果を焦ったり、思い通りに良くならない場合はイライラしますが、そんな気持ちや行動がうつ病を悪化させてしまうケースもあります。うつ病の治療には年単位の時間がかかる場合もあります。急がば回れの気持ちでゆったりと治療を続けていきましょう。きちんとした治療を受けるためには、うつ病治療の専門家の医師に診察してもらうことが第一歩です。うつ病の治療は精神科、心療内科などで行っています。始めに受診してもらった医師と相性が合わないなと感じたら、別の病院を訪れて、納得できる医師を見つけましょう。但し本格的な治療が始まってから病院を転々と変えるのは、治療効果の面からみても良いこととは言えません。心から信頼して任せられる医師を見つけたら、回復するまでずっとその人の元で治療することが大切です。もしも不安があれば主治医を変えるのではなく、他の医師に意見を聞くセカンドオピニオンを受けるのもいいでしょう。

治療の具体的な流れ

待合室

うつ病になってしまうと、やる気の低下やマイナス思考が長期間続いてしまうようになります。これを改善するには病院での治療が必要となり、抗うつ薬の効果で徐々に症状がよくなってくるようになります。治療期間は人によって差が出てくる場合もありますが、焦らずに治していくことが大切です。

読んでみよう

うつの症状と予防

下を向く男性

様々な負の感情が重なりストレスとなることで発症してしまうのがうつ病です。うつ病は一度発症してしまうと、治療に時間がかかってしまう病です。気づいた時に、気軽な気持ちでまずは病院へ行き、早目に治療を開始することが完治のポイントとなります。

読んでみよう

高齢者の発症への対処

病院

近年は高齢者でうつ病になる方が増加しており、その原因として老後になって孤独を感じている方が多いことが挙げられます。また、認知症との区別が困難だとされているので、できるだけ専門の病院に行って診察してもらうことが大切です。

読んでみよう

うつの様々な治療

膝を抱えるレディー

病院でのうつ病に対する治療には、薬物療法が提案されていますが、高齢者や子供にとっては負担が大きいため、生活習慣からの改善が治療に加えられています。また、新しい療法には芳香による癒しなども展開され、幅広い年代の症状に適用されています。

読んでみよう